【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

ビールの空き缶を1つ使ってアルコールストーブを作る方法をご紹介します。

空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

以前こちらの投稿【DIY】空き缶2つで副室加圧式アルストをDIYで副室加圧式のアルストを作りましたが、その時使用した空き缶の数は2つでした。

今回は空き缶一つだけでも副室加圧式のアルストを作ることができるので、その方法をご紹介します。

当然のことながら、用意する空き缶の数は1つ。
空き缶は350ml缶でも500ml缶でもどちらでもよい。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

使うのは缶の底の部分と飲み口がある上の部分。
上側が3cmで、下側が2.8cmの高さでカットするのでそれぞれ線を描いておく。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

缶のの上側と下側をカット。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

缶の中間部分を内壁用に、
長さ18cm、高さ3.5cmでカット。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

上側と下側の缶がハメやすいように下側の缶をペンチを使ってひねっておく。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

1cm間隔位で高さも1cm位でOK。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

缶の上側をカッターや平彫刻刀を使ってくり抜いておく。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

次に、炎の噴出孔を作る。
缶にマスキングテープを貼って、重なった部分のテープを少し剥がして下側に印を付ける。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

剥がしたテープを貼り直して、上側にも下の印に重ねて印を付ける。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

一度テープを剥がして等間隔に印を付ける。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

缶の円周は約21cmなので21個の孔を開ける。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

マスキングテープをもう一度貼り直して、テープの印に合わせて缶にも印を付け、キリを使って穴を開ける。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

内壁の下側に切り込みを入れる。
高さ5mmの切り込みを1cm間隔で。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

こんな感じで上側の缶にはめる。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

下側の缶も組み込んだら副室加圧式のアルストの出来上がり。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

それでは、燃焼テスト。
アルコールを注入。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

プレヒート用にトレーにアルコールを少しこぼす。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

点火。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

プレヒートのアルコールにも着火。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

すぐに本燃焼が始まる。
プレヒートしないと本燃焼まで1分以上かかることもある。

【DIY】空き缶1つで副室加圧式アルストをDIY

作成動画もあります。
よろしければご覧ください。


いかがでしたか、空き缶アルストのDIYで副室加圧式のアルストは一番作られてるタイプのアルストです。それを今回は空き缶1つで作ってみました。作り方は少し複雑ですがこのアルストも、燃焼力が高いので調理で火力不足になる、ということはないと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加