スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

「スリップ・ノット(Slip knot)」または「ランニング・ノット(Running knot)」日本語で「引き解け結び」もキャンプでよく使うロープワークの一つです。

スリップ・ノットは輪っかの大きさを可変にできます。結ぶ対象物の大きさに合わせて輪っかの大きさを変えたい場合に使用すると便利です。輪っかの大きさを固定したい場合はバタフライ・ノットで結びましょう。

スリップ・ノット

ロープの途中に輪っかを作りたい場合にスリップ・ノットで輪っかを作ります。初めにロープが対象物等に結ばれていない状態でスリップ・ノットを結んでみます。

右手側が端(先)、左手側が元ロープというのはどのロープワークでももうお約束です。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

右手側の端が下に重なるように向かって下に輪っかを作ります。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

右手側の端の中間辺りを作った輪っかの中に通します。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

ちなみに、
右手側の端を全部通すと、普通の結びになります。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

戻しますね。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

あとは、結び目を締めたらスリップ・ノットの完成です。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

裏から見るとこんな感じ。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

解き方は簡単です。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

ロープの端と元を引っ張っていくと、

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

ご覧のように

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

簡単に解けます。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

ロープの結び方の覚え方は次の通り。

ロープの結び方の覚え方
右手側の端が下に重なるように向かって下側に輪っかを作り、その輪っかの中に右手側の端の中間辺りを通して結び目を締める、と覚えましょう。

 

次にロープが対象物等に結ばれている状態でスリップ・ノットを結んでみます。元ロープはタープのループにツー・ハーフ・ヒッチで結んでいます。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

右手側の端が下に重なるように向かって下に輪っかを作ります。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

右手側の端の中間辺りを作った輪っかの中に通します。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

あとは、結び目を締めたらスリップ・ノットの完成です。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

輪っかをポールにしたい木の枝やストックなどに掛けます。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

輪っかを対象物の大きさに合わせて締めたら完成です。

スリップ・ノット Slip knot | 引き解け結び【Ropework】

輪っかを作る結び目の位置はスリップ・ノットを結ぶ時に調整してください。

 

スリップ・ノットの結び方を動画でもご紹介しております。よろしければどうぞご覧ください。


スリップ・ノットの結び方をご紹介しましたがいかがでしたか⁉️今回ご紹介したようにタープやツェルトのポールを支える以外にもトラッカーズ・ヒッチなどでも使用することもあります。覚えておくといいですよ❗️

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加