Reef knot | 本結び【Ropework】

このエントリーをはてなブックマークに追加

Reef knot | 本結び【Ropework】アソブラボ x tagmirage.com

今日から何回かに分けてロープワークをご紹介していきます。

第1回目の今日はReef knot(本結び)です。

英語ではReef knot、米語ではSquare knotという言い方の違いがあります。

Reef knot(本結び)

Reef knotは太さの同じ2本のロープを1本につなぐ場合に使用することが多いです。

太さの違う2本のロープを1本につなぐ場合はSheet bendで結ぶことをオススメします。

Sheet bendまたはDouble Sheet bendの結び方は別の回にご紹介します。

それではReef knotでロープを結んでいきましょう。

Reef knot | 本結び【Ropework】アソブラボ x tagmirage.com

右手側のロープを左側のロープの上に重ねます。

Reef knot | 本結び【Ropework】アソブラボ x tagmirage.com

そのまま結びます。

Reef knot | 本結び【Ropework】アソブラボ x tagmirage.com

今度は左手側のロープを右手側のロープの上に重ねます。

Reef knot | 本結び【Ropework】アソブラボ x tagmirage.com

同じくその形で結びます。

Reef knot | 本結び【Ropework】アソブラボ x tagmirage.com

あとはそのまま締め上げてReef knotの出来上がりです。

Reef knot | 本結び【Ropework】アソブラボ x tagmirage.com

覚え方も簡単です。

ロープの結び方の覚え方
右上・左上と覚えてしまいましょう。

 

Reef knotの結び方を動画でもご紹介しております。よろしければどうぞご覧ください。

また、こちらが今回使用したパラコードです。

中華製の安いパラコードですがキャンプで使用したりパラコードアクセサリーを作る分には十分です。

実際にキャンプで使用していますが、パラコードが切れてタープが飛んでいったなどのアクシデントは今のところありませんw

しかし、中華製はちょっと...という方はこちらのパラコードの方が良いかもしれません。

本物にこだわりたい方、安心を買いたいという方はこちら米軍で使用されているミルスペックパラコードをオススメします❗️


Reef knotの結び方をご紹介しましたがいかがでしたか⁉️

短いロープ同士をつないで1本の長いロープにして使うようなことはキャンプでは多々あります。右上・左上で覚えてぜひキャンプでご活用ください❗️

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加